診療のご案内-Medical Care-耳の病気-耳の痛み・耳だれ

お悩み別メニュー

中耳炎

中耳炎は、細菌やウイルスが耳管(じかん)と呼ばれる耳と鼻をつなぐ管を通して、中耳に感染することで起こります。風邪をひいたときなどに起こりやすく、鼻やのどで炎症を起こしていた細菌やウイルスが、耳管を通って中耳に入ることで炎症(中耳炎)が起こります。赤ちゃんでは、吐いたミルクが耳に入ったことで中耳炎を起こすこともあります。

乳児や子どもに中耳炎が多いのは、耳管が未熟で、大人よりも短く、太く、まっすぐなために鼻や喉からの細菌やウイルスの影響を受けやすいからとされています。

中耳炎は、大きく分けて「急性中耳炎」「慢性中耳炎」「滲出性中耳炎」の3つの種類があります。

急性中耳炎
急性中耳炎の症状
突然に起こる激しい耳の痛みで発見されることが多く、耳漏(みみだれ)・発熱・耳がつまった感じ・聞こえにくさ(難聴)めまいなどを感じます。

しかし、耳の痛みを訴えられない乳児や、痛みが強くない場合には、徐々に炎症が進んで耳漏がでてから異常に気づくこともあります。耳漏は、炎症により鼓膜が破れ、鼓膜の奥に溜まっていた膿が流れでた状態ですので、乳児が頻繁に耳を触る場合には注意が必要です。

急性中耳炎の治療について
初期治療では、中耳炎の原因となった鼻やのどの症状を改善し、さらに抗生物質などで中耳内の炎症を抑制します。耳漏がでていれば耳の清拭を行い、鼓膜が膿でふくらんでいて、痛みが強いときや、高熱が持続する場合には、鼓膜に少しだけ穴を開け膿を出す「鼓膜切開」という処置を行います。

※鼓膜の穴は通常数日で塞がりますのでご安心ください。

慢性中耳炎
慢性中耳炎の症状
急性中耳炎や浸出性中耳炎、鼓膜外傷などで鼓膜に開いた穴が塞がらず、細菌やウイルスが簡単に侵入し中耳に感染・炎症を起こしている状態です。鼓膜は、生じた穴はたいてい自然に塞がる再生能力の強い器官ですが、炎症が長期化等することで塞がらない場合もあります。

症状としては、急性中耳炎に見られるような耳の痛み、発熱はほとんどなく、難聴や耳漏(みみだれ)が主な症状です。

慢性中耳炎の治療について
まずは局所の洗浄と抗生物質の服用によって炎症を抑え、耳漏(膿などの分泌液が耳から流れ出すこと)のない乾いた状態(乾燥耳)にする保存的治療を行います。

しかし、鼓膜に穴が開いている限り、風邪などがきっかけで耳漏を繰り返しますので、その後の経過に応じて(鼓膜の穴が塞がらない場合)は、手術的治療が必要となる場合があります。

※手術が必要な場合は、患者さんの症状やお住まいを考慮した上で提携病院をご紹介させていただきます。

滲出性中耳炎
滲出性中耳炎の症状
中耳に滲出液が溜まってしまう病気です。大人の場合は「自分の声が耳に響く感じ」や「耳の中で水の音がする」など難聴や耳がつまったような感じで滲出液が溜まっていることが自覚でき、病気を自分で発見できますが、子どもはそれができません。「テレビの音を大きくする」「呼んでもふりむかない」「電話でのおしゃべりができない」など耳の聞こえが悪いことで親が気づいたり、学校での健康診断などで発見されたりします。

急性中耳炎の回復途中で、炎症により中耳腔にたまった滲出液は、耳管から鼻や喉に流れていきますが、耳管の働きが悪いと滲出液が中耳腔に溜まったままになり、滲出性中耳炎に移行することがあります。

また、風邪をひきやすく、いつも鼻汁や鼻づまり・くしゃみ・咳が続いている、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)やアレルギー性鼻炎の子供や、いびきが大きい子供は滲出性中耳炎を併発することが多くみられます。

滲出性中耳炎の治療について
まずは抗生物質や消炎酵素剤などを服用し、滲出液がたまらないようにします。その上で鼻咽腔の耳管の開口部から空気を送り込んで通りをよくする「耳管通気」や鼓膜に穴を開ける「鼓膜切開」や鼓膜にチューブを挿入する「鼓膜チューブ留置術」などによって滲出液がたまらないようにしていきます。

※鼓膜の穴は通常数日で塞がりますのでご安心ください。

外耳炎(外耳道炎)

外耳道炎(がいじどうえん)ともいい、外耳炎中耳炎と同じく、耳の穴の皮膚に細菌やウィルスが侵入・感染を起こすことで炎症を起こす症状です。外耳炎は「スイマーズイヤー」とも呼ばれるようにプールなどの水泳の後に発症することもありますが、多くの原因は、耳掻きのしすぎで外耳道に傷ができ、その上で不規則な生活などで身体の抵抗力が落ちていたりすると発症するというパターンです。

通常、耳は細菌やウィルスが侵入しても感染・炎症を起こすことはありませんが、耳の穴の皮膚は非常に薄く、ちょっとした刺激で傷がついたり荒れたりすると傷口から細菌感染して外耳炎になる...という悪循環にはまりますので、耳掃除は綿棒などの柔らかく耳の穴の皮膚に傷のつきにくい物で月1〜2回だけ行うように心掛けましょう。

外耳炎(外耳道炎)の症状
外耳炎の症状には、激しい耳の痛みと痒み、耳漏(みみだれ)等があげられます。症状が進行すると強い臭いを伴う黄色、または白色の耳垂れが出るようになり、さらに重症化すると、耳小骨の変形や、顔面が腫れる場合もあります。
外耳炎(外耳道炎)の治療について
外耳炎の治療には、主に局所への点耳薬、軟膏塗布などを行います。そして、外耳炎治療に最も重要なのは「耳掃除をしすぎない」ということです。上記のように耳掃除には竹製の耳かきなど固いものは使わず、綿棒などの柔らかく耳の穴の皮膚に傷のつきにくい物で月1〜2回だけ行うように心掛けましょう。

お悩み別メニュー

クリニック情報

診療時間
9:15〜12:30
15:00〜18:30

※火曜日午後 19:30迄 ※土曜日午後 17:00迄
※日曜日午前 8:30~12:00迄
※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

休診日
火曜日午前・木曜日・日曜日午後・祝日
広島県東広島市高屋町杵原1135-2
TEL.082-439-3387
アクセスマップ