診療のご案内-Medical Care-鼻の病気-鼻がつまる・鼻水が出る

お悩み別メニュー

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストや花粉などで鼻粘膜が刺激されて起こるアレルギー反応で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が反復して起こるのが特徴です。

疫学調査によれば、全国民の約3分の1が何らかのアレルギー症状を訴えているといわれており、季節には関係なく一年中起こる通年性アレルギー性鼻炎と、決まった季節のみに発作が起こる季節性アレルギー性鼻炎とがあり、後者の代表的なものに花粉症があります。アレルギー性鼻炎の原因となる抗原はたくさんありますが、特にダニ、ハウスダスト、カビなどが有名です。

また、喘息やアトピーといった他のアレルギー疾患の合併があることも多く、アレルギー症状を起こし続けると、特に自律神経の関与で起こる「モーニングアタック」と呼ばれる朝方のくしゃみと鼻づまりが起こります。

アレルギー性鼻炎の症状
くしゃみ、鼻水、鼻づまりがアレルギー性鼻炎の3大症状で、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の場合は眼やのどのかゆみ・眼の充血・涙目などの症状を伴います。アレルギー性鼻炎は、自律神経の働きと深いかかわりがあり、特に朝夕に強く症状が現れ、睡眠不足・集中力欠如・イライラ感などを引き起こす場合もあります。

また、副鼻腔炎(蓄膿症)急性中耳炎滲出性中耳炎を伴う事もあります。

アレルギー性鼻炎の治療について
まずはアレルギー症状の原因となるアレルゲンの除去が一番です。ダニ、ハウスダスト、カビなどが原因となっている場合はご自宅の住環境を改善していただくことが必要です。

また、不規則な生活リズムや睡眠不足・過労・ストレス・有害な食物(農薬・合成保存料や着色料などを含有するもの)、合成洗剤で洗濯した衣類などもアレルギー症状を悪化させることが多く、これらを避けることは症状軽減に有効です。当クリニックでは、そのような日頃の生活環境を改善することも重要な治療法と捉えており、様々なライフスタイルアドバイスをさせていただきます。それと平行して抗ヒスタミン薬やステロイド薬、点鼻薬などを用いた薬物療法で治療を進めていきます。

副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻の周囲の骨には4つの空洞(上顎洞、篩骨(しこつ)洞、前頭洞、蝶形骨洞)があり、これらは総称して副鼻腔と呼ばれています。

副鼻腔炎(蓄膿症)は、風邪などのウイルス感染や虫歯、アレルギー性鼻炎などに引き続いて副鼻腔が細菌感染を起こす症状です。炎症がひどい場合は眼への影響や髄膜炎(脳膜炎)を引き起こすケースもあります。副鼻腔炎には急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎の2つのタイプがあり、風邪やアレルギーなどで鼻や喉の炎症を繰り返していく内に慢性化することがあるので早期に適切な治療が必要です。

急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)
急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)の症状
鼻づまり・においが分からないといった鼻の症状や頭痛、顔面痛、顔面腫脹やほおの圧痛や違和感が出現し、下を向いたりかがんだりすると症状がひどくなることがあります。最初はサラサラした鼻水ですが、次第に粘っこい黄色の鼻汁に変わってきます。この鼻汁が喉にまわり、咽喉の炎症や気管支喘息が起こることもあります。
急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)の治療について
まずは鼻のなかにたまった鼻汁を吸引して取り除き、血管収縮剤で鼻腔と副鼻腔の交通をよくします。その後、消炎鎮痛薬・抗生物質・副腎皮質ホルモン薬などの薬剤をネブライザーという加湿器のような機器を使って鼻・口から吸入し炎症や腫れを抑えていきます(ネブライザー療法)。

また、急性副鼻腔炎は疲労がたまっている時になりやすいので、効果的に治療を進めていく上で睡眠を多くとることが大切になってきます。

慢性副鼻腔炎(慢性蓄膿症)
慢性急性副鼻腔炎(慢性蓄膿症)の症状
一般に急性副鼻腔炎が治らずに慢性化したものを慢性副鼻腔炎といいます。急性の場合と違って鼻の奥に激痛や鈍痛などを生じることはあまりなく、主に充血や腫れ、鼻汁が絶えず出てきてよく鼻をかむことによる頭痛、鼻が常につまっていて口で呼吸をしている、いびきをかくなどの症状が持続します。その他、鼻汁が喉にまわることによる咽喉の炎症や気管支喘息、嗅覚の低下などの症状が現れます。
慢性急性副鼻腔炎(慢性蓄膿症)の治療について
急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)の治療と同様に、まずは鼻のなかにたまった鼻汁を吸引して取り除き、血管収縮剤で鼻腔と副鼻腔の交通をよくし、ネブライザー療法で炎症や腫れを抑えていきます。長期間の内服が必要となる場合は、近年、耳鼻咽喉科で広く行なわれている治療法で長期間の内服でも比較的安全な抗生物質(マクロライド系)の少量長期間内服療法を行ないます。

また、上記の薬剤内服など内科領域治療で効果が現れない場合は手術も検討します。

※手術が必要な場合は、患者さんの症状やお住まいを考慮した上で提携病院をご紹介させていただきます。

鼻中隔湾曲症

鼻中隔(びちゅうかく)とは鼻のあなを左右に分けている軟骨と骨で形成された「しきり」のことです。鼻中隔は、小児期にはほぼまっすぐで、成長と共に左右どちらかにわずかに曲がっていきます。その程度は個人によってさまざまですが、女性よりも男性に多いとされており、鼻中隔湾曲症は、比較的成人に多い病気だといわれています。

鼻中隔湾曲症の症状
最も代表的な症状は鼻づまり(鼻閉)です。鼻中隔が極端に曲がっていると粘膜が肥厚し空気の通りが悪くなるためです。鼻中隔弯曲症はその他にも、口呼吸やいびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)、鼻内の気流の乱れで粘膜に炎症が生じることによる副鼻腔炎(蓄膿症)滲出性中耳炎鼻出血なども起こりやすくなります。
鼻中隔湾曲症の治療について
治療は鼻中隔矯正術と呼ばれる曲がっている鼻中隔の軟骨と骨を除去する手術が主体となります。

しかし、まずは原因を把握することが重要で、鼻中隔の湾曲が軽度であれば対症療法でも十分な改善が見られることも多く見受けられます。上記のような症状が現れた場合、まずは耳鼻咽喉科にて受診・検査をすることをおすすめします。

お悩み別メニュー

クリニック情報

診療時間
9:15〜12:30
15:00〜18:30

※火曜日午後 19:30迄 ※土曜日午後 17:00迄
※日曜日午前 8:30~12:00迄
※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

休診日
火曜日午前・木曜日・日曜日午後・祝日
広島県東広島市高屋町杵原1135-2
TEL.082-439-3387
アクセスマップ