診療のご案内-Medical Care-喉の病気-息が苦しい

お悩み別メニュー

気管支喘息

気管支喘息とは、空気の通り道である気管支がアレルギー等で炎症を起こし、肺への空気の吸入・呼出が困難になる病気です。気管支喘息は常に症状があるわけではなく、発作的に起こることが多く、時間帯や体調、ストレスなどによっては非常に強い呼吸困難が起こることもあります。このような症状から、時にはほかの人が病気であることを信じてくれないこともあります。

気管支喘息の症状
発作性の咳や「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音(喘鳴)と呼吸困難が同時起こり、発作には自分でもわからないようなごく軽度のものから死に至るものまであります。また慢性的な咳、痰だけの人もいます。喘息の発作は、夜中から朝方にかけて咳、喘鳴で始まることが多く、運動により誘発されることもあります。
気管支喘息の治療について
ネブライザーという加湿器のような機器を使って吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)などの薬剤を鼻・口から吸入し炎症や腫れを抑えていく「ネブライザー療法」を主体に治療を進めていきます。さらに、気管支拡張薬や抗アレルギー薬、炎症を抑える内服ステロイド薬なども患者さまの症状に応じて組み合わせ処方いたします。

アレルギー性喘息の場合は、室内の清掃や布団などの寝具の管理、ハウスダストなどアレルゲンの除去ご自宅の住環境を改善していただくことも必要です。その他、寝不足やストレスも喘息症状を強くする原因となるため、総合的な生活管理が重要となります。

お悩み別メニュー

クリニック情報

診療時間
9:15〜12:30
15:00〜18:30

※火曜日午後 19:30迄 ※土曜日午後 17:00迄
※日曜日午前 8:30~12:00迄
※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

休診日
火曜日午前・木曜日・日曜日午後・祝日
広島県東広島市高屋町杵原1135-2
TEL.082-439-3387
アクセスマップ