診療のご案内-Medical Care-鼻の病気-鼻血が出る

お悩み別メニュー

鼻血

鼻出血は耳鼻咽喉科の救急疾患のなかで多くみられ、左右の鼻のしきりである鼻中隔(鼻筋)の先端部が傷ついておこることが最も多く、約80%以上はここからの出血です。

特に鼻かぜやアレルギー性鼻炎をおこしているときは、鼻の粘膜が充血しており、くしゃみを連発し、鼻水を強く何度もかむとこの部位が傷つきやすくなります。また、日ごろから鼻のあなに指を入れる癖のある幼児は、この部位に傷ができやすくなります。その他、鼻の打撲・骨折、鼻中隔湾曲症が原因で鼻出血がおこることがあります。

成人では、高齢者や鼻腔腫瘍、上顎がん、鼻とのどの間にある上咽頭にできた腫揚、高血圧、糖尿病、心臓疾患、血友病などの血液の病気、高血圧、肝臓病などの基礎疾患のある場合に鼻血を伴う場合もあります。その他、持病で血をサラサラにする薬(ワーファリン・アスピリン・パナルジンなど)を服用中の方も、不意に出血をすることがあります。

鼻血の症状
鼻の中は粘膜で覆われていて、無数の毛細血管網が張り巡らされています。ケンカやスポーツ、交通事故などでの顔面外傷を除いては、アレルギー性鼻炎や急性鼻炎、副鼻腔炎などの鼻の病気があり、くしゃみや鼻水をかんだり、かゆいために鼻の入口を指でいじることでその血管が傷つき出血します。しっかり治療をすれば特に心配の少ないものです。

特に子どもの鼻血は、日常しばしばおこる症状ですが、まれに白血病などの大きな病気が背景にあることもあるので、頻繁に出血する場合は耳鼻咽喉科で検査を受けることをおすすめします。

鼻血の治療について
出血している鼻の穴に少し大きめの綿球を入れ、両方の鼻孔をつまむように指で押さえて数分待つことで、大多数のものは止まります。このとき座って頭部を高くし、必ず頭を下に向けるようにします。頭を上に向けると出血が喉にまわり、場合によっては気持ち悪くなることがあります。それでも止まらない場合や多量出血の場合には、耳鼻咽喉科にて止血処置することをおすすめします。

お悩み別メニュー

クリニック情報

診療時間
9:15〜12:30
15:00〜18:30

※火曜日午後 19:30迄 ※土曜日午後 17:00迄
※日曜日午前 8:30~12:00迄
※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

休診日
火曜日午前・木曜日・日曜日午後・祝日
広島県東広島市高屋町杵原1135-2
TEL.082-439-3387
アクセスマップ